料金を安くする

引越し先空き部屋

引越しが多い時期は、1年の中でも3月中旬から4月中旬にかけてです。この時期は、入学や就職などのため新たなスタートを切る季節ですので、ピークの時期になります。この時期の引越し料金ですが、件数が多いということはそれだけ売上も上がるので料金も安くなるのではと思ってしまいますが、実際のところこの時期は割高なのです。それは、依頼件数が多いということはそれだけ人手が必要となります。アルバイトを雇ったりトラックが不足していれば他の運送会社等からレンタルしてきたりとコストもかかってしまうため高めに設定されるのです。では、この時期を避ければとなりますが、そう簡単にはできない方がほとんどです。安くするには、梱包は自分でやる余計なサービスはつけないなどで節約できます。

引越し業者を選定する際は、複数の業者に見積りを出すことがもはや基本となっています。インターネットがない時代でしたら、引越し業者に1社ずつ電話してそれぞれの業者から見積りをもらっていましたが、今はインターネットで一括で複数の業者へ見積り依頼を出すことが簡単にできますので、料金を簡単に比較できます。見積もりの際に必要な情報は、日程、荷物の量、引越し場所、梱包の有無、追加サービスなどです。ただし、見積りされた料金は仮見積りなので引越し業者の担当者に自宅にきてもらって本見積りをしてもらうこともできます。料金の低さだけで決めずに人員の和や不用品は処分してもらるのか、近所へ渡す粗品の用意などサービスも確認することです。